夏にだけ出るひどい顔汗対策とは

原因別顔汗対策法とは?

夏にだけ出るひどい顔汗対策とは

顔汗に悩んでいる方で、特に夏にだけ顔汗がひどくて困っている方はおられませんか?
そんな顔汗対策は、体に熱を溜めないことです。
汗をかくのは、体の熱を下げるためですよね。
その汗が夏にだけひどく出るのは、体の中に熱が溜まっているのが原因だと考えられます。
だったら、体の熱を逃がす工夫を積極的にすれば、汗の原因が減り、顔汗も出にくくなりますよね。

体の熱を逃がすオススメの方法は、首に冷たいものを当てること。
冬に首を温めれば全身が温まるのと同じで、首を冷やすと、冷やされた血液が全身に回り、体温が少し下げられます。
首に当てる物は、たとえば買ったばかりのペットボトル飲料や、水で濡らしたタオルなど、身の回りのもので補えます。
また、炎天下となっている外に長時間いないといった工夫ももちろん有効。
冷房の効いた室内でなるべく過ごすと、顔汗も出にくくなります。
あまりに冷房が効きすぎているとまた別の異常が起きることもありますので、限度はありますが、28度くらいの冷房は積極的に活用するといいでしょう。

以上のような対策が基本ですが、なぜか顔にばかり汗が出る方は、体全体の汗の機能が弱まっている恐れもあります。
日頃から運動不足で汗をかく機会がないと、体の汗をかく機能が弱まります。
すると、全身が火照っているのに、なぜか顔にばかり汗が出ることも。
全身から適度な量の汗が出て体温を効率よく下げられれば、それだけ顔から出る汗の量も減ります。
顔から大量の汗が出るのが問題だと思う方は、このような点も注意してはいかがでしょうか?
いきなり過度な運動をしても挫折しやすいですから、エレベーターで行くところを階段で行くなど、日常に適度な運動を取り入れれば、体の汗の機能も正常に戻りやすくなりますよ。