更年期障害で起こる顔汗対策とは

原因別顔汗対策法とは?

更年期障害で起こる顔汗対策とは

顔汗には更年期障害で起こるものもあります。
これのオススメの対策は、運動と体を冷やすことです。

更年期障害とは、閉経に伴ってホルモンバランスが変化して起こる、様々な問題のことです。
閉経が主な原因ですから、40~50代の女性に多い症状ですね。
更年期障害で起こる具体的な症状は、ほてりやのぼせ、体の痛みや倦怠感、イライラと、心と体の両方に現れます。
特に体が物理的に火照ったり、カーッと頭に血が上ったりといった症状もあり、これらが顔汗につながることもあります。

更年期障害に心当たりがあり、それが原因と思われる顔汗が出るときは、運動がオススメ。
体が火照ったときは全身から汗が出てもおかしくないのですが、顔に集中するのは体の汗腺の機能が落ちている可能性があります。
体の各所の汗腺から日常的に汗を出していないと、汗をかく機能が落ち、体から汗が出にくくなります。
それだけ体の火照りが取れにくくなりますので、顔から出る汗の量が増えるというワケ。
これを解消するために運動がオススメです。
また、運動は体のバランスを整える上で大切なこと。
更年期障害で体のバランスが落ちているとき、ウォーキングなどの軽めの運動はオススメです。
これらで体のバランスと汗腺の機能を少しでも取り戻したら、顔汗も少しは和らぎます。

あとは、体の火照りを別の方法で解決すればOK。
体が火照ったときに使える冷却スプレーなどは市販されていますので、急に体が火照ったときは、これを首筋に軽くスプレーしてみましょう。
体の火照りが取れれば、顔汗も出にくくなりますよ。
以上のような対策で、更年期障害による顔汗にも対処できます。