病院で受けられる顔汗治療とは

原因別顔汗対策法とは?

病院で受けられる顔汗治療とは

個人でできる顔汗対策もありますが、効果がなかなか出ないことも多いでしょう。
できるだけ確実に、そして安全に顔汗を止めたいなら、病院で治療を受けるのがオススメですね。

顔面にだけ出る多汗症などと判明し、抜本的な治療を希望するなら、手術で顔汗を弱めることもできます。
顔の汗腺を切除したりする手術ではなく、汗腺へと発汗を命令している神経を、胸の辺りで切断する手術です。
この手術により、ワキや手のひら、首筋、そして「顔」などの部位に汗をかきにくくなります。
その他の部位での多汗症治療でも使われることもありますが、顔面の多汗症でもこのような治療になるのですね。
制汗剤や薬を使うことなく、手術後はずっと顔汗が減った状態になりますので、顔汗でかなり困っている方は受けてみるのもいいでしょう。

ただし、この手術には副作用もありますので、そちらもしっかりと確認する必要があります。
先の手術を受けると、上半身の各部位で出ていた汗が下半身に回る形となり、そちらの汗が増えることが多いのです。
どこに、どれだけの量の汗が出るかは、個人差があります。
足などで少し汗の量が増えるだけならいいのですが、そちらから生活に支障が出るほどの汗が出るケースもあります。
そのようなケースも想定した上で、手術を受けるかの判断をした方がいいでしょう。

もし手術には抵抗があるか、先の副作用があっては意味がないと思うなら、制汗剤や薬で汗を抑える方法を相談するのもオススメです。
病院で処方してもらえるならそちらを、処方は難しいときは、市販薬などを探して利用に問題ないかの相談をしてみてはいかがでしょうか?
どのような治療になるかは様々ですが、病院を利用すれば顔汗対策も確実性や安全性が上がりますのでオススメですよ。